STAN KIT by WELLON【スターターキット】レビュー

STAN KIT by WELLON【スターターキット】レビュー

こんにちは!

私事ですが、この5月から転職して新しい職場で働いております☆

ライフワークバランスを考えての転職だったのですが、
やはり新しいジャンルの仕事に挑戦するのは結構ハードですね。。。

残業が少ないので、家族との時間も増えVAPEを楽しむ時間も確保できたのですが、
現在全力で仕事を覚えているので、しばらくはヘトヘトでブログの更新もかなり不定期になりそうです。。。

そんな私ですが引き続きよろしくお願いします!!

さて!

本日はPOD型デバイスのレビューになります☆

この度は中国深センのVAPEメーカーWELLONさんより製品をご提供頂きました!

ありがとうございます☆

・オフィシャルサイト

WELLONさんには申し訳ありませんが、
今回のレビュー依頼で初めてWELLONさんを知りました。

POD型デバイスをメインに2013年に創業されたメーカーになります。
現在3種類のデバイスをリリースされており、
どれもシンプルでスマートなデザインなんですよね☆
ビジネスシーンに最適♪

STAN KIT

去年からのPODブームで、色んなメーカーから似たようなデバイスが次々と発売されており、
ちょっと使っただけでは、特徴が掴めなかったので1週間使用しました!

最初に言ってしまうのもなんですが結構良かったですよ!これ!!

新しい職場は禁煙ムードがかなり高まっており、
タバコやiQOSどころかVAPEも少し肩身が狭い感じなんです。
なので、こういったPOD型デバイスのありがたみを実感しております☆

良かった所、悪かった所、使用感などレビューしたいと思います!

パッケージ&内容物

パッケージの写真は、シルバーで統一されているようです!

見えにくいのですが、右上に実際のカラーを表すシールが貼ってあります。
私のは黒!

<内容物>
・STAN KIT 本体
・予備のPOD
・USBケーブル
・ユーザーマニュアル(日本語非対応)

交換用PODが付属しているのはとてもありがたいですよね☆

外観とスペック

本体の表面はラバーペイントでサラサラとしており、気持ちいい手触りで見た目の質感も良い印象です!

WELLONのロゴも、なんかかわいらしいと思いましたよ☆

出典:wellontech.com

カラーバリエーションは4色展開です。

<スペック>
・高さ:約111mm 直径:16mm
・重量(実測):約30g
・バッテリー:650mAh(内蔵)
・リキッド容量:1.0ml
・コイル抵抗値:1.6Ω
・出力:3段階で調整可能

充電電流はパソコンのUSB端子からだと1.5hで充電可能とのことでしたので、
恐らく急速充電には非対応だと思います。

アダプターを使用して充電する際は1Aまでの物を使用した方が良さそうですね☆

出力は3段階調整が可能ですが、詳しいV数やW数は不明です。

滑らかなで咥えやすい吸い口です!
パフボタンはシリコンのような、柔らかい素材が使用してあります。

底面には充電用ポートがありその隣の小さな穴は、充電時やバッテリー残量がなくなったときに光ります!

充電中は緑。バッテリー残量がなくなった場合は赤が点滅します。

POD

本体とPODはマグネットで保持されており、スッと軽々外せます!
容量は1mlと言うことで、最近の他POD型デバイスと比べると若干少ない印象があります。

うまく撮影できませんでしたが、
★・・・マグネット
☆・・・本体との電気接点
になります!

STAN KITの特徴の一つ、
トップからエアーを取り込み、POD壁面の内側を通りコイルのボトムからコイルへと流れる設計です!

これ、とにかく漏れに強いです!

PODの吸い口を引っこ抜きリキッドをチャージします!
見えにくいですが2つチャージホールが設けてあり、
リキッドチャージの空気の逃げ道を確保してあります!

シリコンの部分もちゃんと外れるので、
ガラスのビンに付いているスポイドもここを外せばリキッドチャージはらくらくです☆

チムニー径は約2mmでした!

サイズ比較

左から、

minifit/STAN KIT/60mlのリキッド

STAN KITの直径16mmというサイズは携帯する時、使用する時に最適な太さのように感じました!

使用方法

まずはリキッドチャージ!

マニュアルには「MAX」とちゃんと書いてあるのですが、
いまいちどこまで入れるべきか。。。

とりあえずここまでリキッドを入れてみましたよ!

リキッドをチャージするとPODは透明に☆
リキッド残量も確認しやすいですね!

ただ、PODは本体にすっぽり入ってしまうので、
その都度外さないといけません。。。

ジュースホールがかなり小さいのでリキッドの供給が心配なところです。

マウスピース側の凸を合わせて装着します!

PODに初めてリキッドを入れる際、15分は待った方がいいですよ☆
実は最初の供給がうまくいかなくて、早々にドライヒットしてしまいました。。。

パフボタンを5回クリックで電源ON/OFF。


出典:wellontech.com

更にパフボタンを3回クリックすると出力を変える事ができます!

因みに先程の写真は青く見えますが、一応「白」です☆

操作はこれだけで実にシンプル!

実際に使ってみます!

また今度記事を書こうと思っていたのですが、
リキッドはYailaboさんのApple Tobaccoでを喫ってみたいと思います☆

パフボタンのレスポンスは上々です!

低出力(ライト:緑)

結構薄いですね。。。
かろうじて香りがする程度です。

中出力(ライト:青)

低出力とあまり変わらない。。。

高出力(ライト:白)

やっぱりここまで出力を上げていい感じです!

味の出方は他のPODと同じくらいで、
香りの出方がクリアな感じでとても好印象です☆

ただご注意いただきたいのは、
あくまでPOD型デバイスと言う領域内での味の出方であり、
RBAには劣ります!

感想

POD型デバイスの中では香りがよく出て、
そのあたりは個人的によかったです!

1回吸いきって2回目にリキッドをチャージした際には、
更に味がよく出るようになりましたよ☆

ただ、しばらくチェーンすると味が一気に薄くなります。
恐らくリキッドの供給が間に合っていないのでしょう。。

そして、味が回復するまで結構時間がかかります。。。

最初に試したリキッド、Apple TobaccoはVG70%/PG30%の平均的な粘度のリキッドでした!

実は交換用PODも送って頂いたので、
VG60%/PG40%のりきっどやバニラタバコも試しましたよ!

やはり供給不足になりがちですが、復帰する時間は短くなりました☆

やはり、なるべくサラサラのリキッドが良さそうですね!

もう一つ気になる点は、
バッテリーの残量が分からないという所です。

パフボタンや底部のLEDで分かるようにしてくれればよかったのにと思ってしまいます!
体感としては、ミスト量が減っていくので何となく分かったんですけどね☆
目で見えた方が尚良しかなと感じたのです。

質感も良く携帯性が優れていて、
バッテリーも結構持つのでそのあたりは結構気に入っています!
サブ機として使用して、リキッドやバッテリーはちゃんと1日持ちました☆

リキッドが漏れの心配がないのもいいですよね!

個人的には、POD型デバイスは味よりちゃんと利便性が重要だと思っております!

あと最大の欠点は、日本で取り扱っているショップがない!(2019/5/22現在)
WELLONさん頑張ってください☆

一週間使ってみた!

結局、タンクの耐久性も確かめたかったので、
強めのメンソールで一週間運用してみました!

リキッドはToropwen

メンソールで運用すれば本当にいいデバイスでしたよ!
元々メンソールのリキッドは供給もいいので、
当初感じていた、味が薄まる感覚も一切なく吸い応えも良かったです☆

タンクも破損や変色する事もありませんでした!

2回目以降のリキッドチャージ後にマウスピースを押し込んで装着するので、
どうしてもタンク内に負圧がかかり、ジュルってきます!

そこで、リキッドをチャージした後マウスピースを当てがったまま、
PODを逆さまにしてマウスピースを押し込むと、
ジュースホールから空気と一緒に圧を抜くことができます!

お試しください!

せっかくなので、PODを分解してみましたよ!言い換えると壊してみました(^^;)

ここでびっくり、

STAN KITのコイルにはセラミックが使用されておりました!

コイルのワイヤーはニクロムで、その周りにセラミック、
そしてセラミックにコットンが巻き付いてましたよ!

ジュースホールが小さいうえにセラミックが使用されているので、
やっぱりリキッドの供給には難ありなのでしょうね!

しかし1週間使っただけでは、味も変わる事なかったので結構PODも長持ちしそうですね!

リキッドをかなり選ぶという所が個人的に引っ掛かっている所なので、
ずっと使うかと言うと、ちょっと考えてしまうのですが、
海外では、結構お財布にやさしい価格で販売されているので、
機会があればチェックしてみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

購入先

海外サイトプレオーダー中です!