Hastur MTL RTA by Cthulhu Mod 【アトマイザー】レビュー

Hastur MTL RTA by Cthulhu Mod 【アトマイザー】レビュー

こんにちは!

結構前に発売されてたCthulhu Modの名作Hastur MTL RTAのレビューです!

この製品、今年(2018年)の8月生産ロッドからマイナーチェンジが施されました!!

以前、Hastur MTL RTA mini を購入しまして、
すっかりHasturシリーズの虜になってしまってたんです!

いつ買おうかいつ買おうか、、、現在に至ってしまいました。。。(^^;)

Hastur MTL RTA

私がビルドを始めた頃、MTLのRTAが欲しくて色々探したのを思い出します。

Hastur MTL RTA とSiren2でめちゃくちゃ悩みました、、、
その頃は、Hastur MTL RTAの評価が賛否両論でして、(味やドローの加減等)
悩んだあげく、Siren2を購入しました。
それはそれで、大満足だったんですよ!

ただ、Hastur MTL RTA miniが発売され、
とてもいいアトマイザーだったので、(※また記事にする予定です!)
前作のHastur MTL RTAがとっても気になっておりました!

パッケージ・内容物

麻のような生地が施されております。
センスが良い☆

製品名のシールが発売当初の物とは、違うようです。

裏面も他の人のレビューを見る限りではバーコード等が印刷してある
シールが張ったあったような、、、

現在スクラッチ式のセキュリティーコードステッカーのみです。
※ちゃんとAuthenticでした(^_^;)

お花の印刷もセンス良いです♪

箱の開け心地、まさに指輪のケースみたいでした!
ちょっとした高級感さえあります。

〈内容物〉

・本体
・交換用エアーフローパーツ
・予備Oリング類
・予備スクリュー(デッキのポスト用)
・フロストガラスタンク
・ドリップチップ
・説明書
・保証書

※写真撮り忘れましたが、マイナスドライバーも付属します!

外観とスペック

<スペック>

サイズ:幅22mm 高さ43mm(ドリップチップ含むと約53mm)

リキッド容量:3.5ml

程よく艶のある仕上げ、トップフィルパーツとエアーフローリングに施された
波のような加工。

美しい!

後、Cthulhu Modのマークはチャーミングですね☆

デッキ裏の文字もクラシカルでいい雰囲気♪

ポジティブピンは約1mm出ております。

マイナーチェンジ

左の写真が従来のモデルです。

以前は、ガラスタンクをトップパーツとデッキで挟むだけの構造でした。
そのため、トップパーツを取るとガラスもポロッと外れてしまい、
リキッドを残したまま、コットンやコイルを交換する事が出来なかったのです。
見た目は、スッキリしていて上品に見えますが、
欠点と感じる方も多かったみたいです。

現在は右の写真のように、ガラスタンクをトップパーツで保持出来るように
改善されました。

無事リキッドが残ったまま、デッキにアクセスできます!

発売から時間は経ちましたが、こうした改善をしてくれるのは
とても嬉しい事ですね!

公式HPによると、2018年8月生産ロッドから変更されているそうです。
ちなみに、公式HPでパーツだけの販売もあるみたいです。

New glass cap for Hastur 24 mm【公式HP】

構成

左から

  1. デッキ
  2. ガラスタンク
  3. チャンバー
  4. トップフィルパーツ
  5. トップキャップ
  6. ドリップチップ

ドリップチップ

<詳細>

高さ:9mm(接続部含まず)
外形:11.5mm
内径:3.5mm・2mm
素材:PMMA(アクリル樹脂)
510規格

最初、本体に付いているのは3.5mmの方でした。
ウルテムのように見えますが、アクリル樹脂みたいです。

この濃い琥珀色が、本体のSSによく似合ってます。
時間があったら、磨いてツルツルにしてみたいな♪

トップパーツ

写真のようにトップキャップの切り欠きを合わせて、
押しながら回せば着脱が出来ます。
このシステム、着脱がとても楽です!

また、ドリップチップ下の部分ですが、
指で回しやすいように、ゆるい正方形に加工されております。

まさに実用性とデザインの融合!

チャージホールは6mm×4mmで、
普通のボトルやスポイドで違和感なく、
リキッドをチャージできます。

ただ、Oリングが知らないうちに無くならないよう注意して下さい。

トップキャップ裏ですが、
こんな所にもOリング!

リキッドの漏れに対する意識が凄い☆

トップパーツはチャンバーとも分離が出来ます。

チャンバー&タンク

チャンバー内は、ドーム型ではありません。

MTLのRTAと言う事で、チムニーは細めです。

タンクは、通常の透明なガラスタンクと
フロストガラスのタンクが入っております。

フロストガラスは、ギリギリ中のチャンバーに書いてあるCthulhuマークが、
見える位の加工です。

デッキ

デッキはGTAになっており、リキッドチャージ時の負圧による漏れにも強そうです。

エアーフローは無段階調整で、全閉・全開まで回すと止まります。

アトマイザーの直径は24mmに対し、
デッキ内は15mm、ポストとポストの間は一番広い所で約7mmです。

Cthulhu Mod曰く、チャンバー内の余分な空間が少しでも埋まるように、
ポストを大きくしたそうです。

そのポストには、ワイヤー固定のスクリューが4カ所あり、
右巻・左巻、どちらの方向に巻いても固定出来るようになっております。

真ん中にエアーの出口があり、交換用のエアフローパーツはここに取り付けます。

デッキとタンクをシールするOリングは乗っかているだけなので紛失にご注意下さい!

ポストとスクリューの間に隙間は無く、
28gaのワイヤーも逃げることなく簡単に固定できます。

ポストスクリューの受け側にも、少し彫り込みがあり、
完全にホールドしてくれます。

コイルの形や高さの調整中に緩むような事もありません。

エアーフローパーツ取り付け部です。

本体側にOリングが付いており、無くさないよう気をつけて下さい!

パーツを取り付けます。Oリングのお陰でしっかり固定できますが、

ポストに干渉しそうなサイズです!

ショートしたら怖いので念のため、ちゃんと填まっているか、ガタが無いか、
注意してみて下さい!

エアーフローパーツ

付属品のエアーフローパーツです。

これだけ穴の径が違えば、

ドローの加減や味の出方などかなり変化を楽しめますね!

こちらが別売のエアーフローパーツです。

1.0mm×2と0.8mm×3が気になったので、併せて用意しました。

ビルド

Ni80 28ga 内径3mm 7巻 約1.2Ω(マイクロ)

付属の1.0mmのパーツを使用します。

ポスト間も狭過ぎず、ワイヤーの固定がしっかりできるので、
ビルドはやり易い方だと思います!

エアーホールパーツが1.0mmなので、
あまりコイルを下げ過ぎず、少し広い範囲でコイルにエアーを当てたいと思い、
高さはこれ位にしました。

コットンは少々大雑把に詰めても大丈夫でした。

足も少し梳く程度で、供給も漏れも良好です!

完成!&使ってみた!

このアトマイザーには、細長いMODが合う気がします!

デッキのエアーフローパーツは1.0mmの物を使用しておりますので、
外のエアーフローリングでの調整は効きません。
※全閉ギリギリの所で、若干変化する程度。

しかし、ドローは重たいですね☆キツキツでは無いですが、
完全にMTLです!
全閉にしても一応吸えます。

約12Wで吸ってみます!

なかなか濃い味わいです☆
ド濃厚では無いのですが、それぞれの味がしっかり出てますね!

エアーの流れもスムーズで、口の中にファーっと入ってきます。心地よい♪

ドリップチップを替えてみた!

付属の内径3.5mmから2mmのドリップチップを試しました。

速くて直線的なミストが舌に当たってきます!
リキッドの甘みを感じ易くなりました。
そして、ちょっとミスト温度が上がりました。

1.5mmの差って、こんなにも顕著に出るんですね!

私は3.5mmの方が好みでした。

両方のドリップチップに言えるのは、
私の感覚ですが、ちょっと外形が太いなぁと思いました。

0.8mm×3のエアーフローパーツを試しました。

コイルは先程と一緒で、スペースドで組みました!

味は薄くなり、香りが増した気がします☆
とても上品な味わいですね!

ドローですが、エーフローリングで絞っても、
先ほどより軽いです。
とは言え、軽めのMTLで十分楽しめます!

あと、フロストグラスにするとこんな感じでした!
エレガントな仕上がり♪

スタビMODめっちゃ似合いますね!

感想

しばらく色々試したのですが、

私の好みとしては、0.8mm×3のエアーフローパーツを使い、
スペースドコイルでちょっと焚き気味に、
そして軽めのMTLで吸うのが一番しっくりきました!

気になったのは、、、

・やっぱり、個人的にドリップチップが太く感じる。
※違うドリップチップを使えば良い。

・ちょっと重たい。
※それも一つの高級感。

・フロストガラスなんか傷つき易い。
※ノーマルのガラスタンクでも十分かっこいい。

いや、私的に重大な欠点はありませんでした。

エアーフローパーツを組み替えれば、
ドローの加減はもちろん味・香り等、
かなり変化が楽しめます!

それを探すのは大変に思う方もいるかもしれませんが、、、

私は楽しかったです☆

何より、デザインがかなり良いです!
(私の記事はこのフレーズばかり、、、)

また、このHastur MTL RTAの欠点だった問題を、
ちゃんと改善してくれたCthulhu Modさんの姿勢も
とても素晴らしいです!

益々、ファンになってしまいました!

ビルドも簡単で、味も出て、楽しめて、リキッドも3.5ml入る、、、

いいアトマイザーです☆

直径が24mmという点で、悩む方もいらっしゃると思いますが、

私としては、オススメしたい一品です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。


にほんブログ村

↑押して頂けると嬉しいです♪

購入先

私はFastTechにて購入しました。
こちらでは、マイナーチェンジ済みのロッドが販売されております。

Authentic Cthulhu Hastur MTL RTA Rebuildable Tank Atomizer

Authentic Cthulhu Hastur MTL RTA Extra Air Flow Resister(4Pieces)オプションエアーフローパーツ

 

Cthulhu Modの公式HPでも購入できます。

Cthulhu Mod

 

国内ではやはり品薄ですね。シルバーは売り切れでした。

また、購入の際はマイナーチェンジ済みのロットなのか購入先に確認して下さい。